つくば音の森

つくばを拠点に開催しているロックDJパーティーHOLIDAY RECORDが主催する野外フェスティバルのページです。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

PEOPLE 

震える声、沁みる言葉


長谷川健一はうたを探している。

丁寧に積み重ねられた心像の断片

そこから立ちあがる情景は、

私たちの安らぐ世界ではない。

だからこそ、

ひとりであること、

私たちはひとりであるということを、

しっかりと抱きしめる必要がある。

ひとことで言えば

彼のうたは明日の幸福論なんだと思う。

*** 長谷川健一は詩人だ。とにかく言葉と声なのだ。
詩と書いて「うた」と読む。選ばれた言葉がうたっている。
言葉に声が寄添い、音楽になる。それに伴うあらゆる演奏は伴奏でしかない。
そう、これは一つの実験なのだ。
言葉と音の新しい組み合わせだ。

*** 選び抜かれた言葉、かすれる歌声。
即興性あふれるアレンジ・・・ はっきり言ってしまえば、彼の音楽は心地よくないし、聴きやすい音楽でもない。
だけれど、五感を使って、その「うた」に身を任せたくなる。
詰まるところ、一人で聴きたくなるのだ。 車の中で、真っ暗な部屋で、聴きたくなる。
感情的でもなく淡々と、共感できる歌詞でもなく。どこか抽象的な風景を切り取る。
彼のうたに耳を傾けるあいだ、ぼくらはいつもと違う世界を生きる。
暗い夜。枯葉に北風。乾いた夏の日。雨上がりの夕方。
どこにでもあって、どこにもない。
知らぬ間に通り過ぎた時間に身を委ねる。


PEOPLE blogより転載
yossy206  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://holireco.blog117.fc2.com/tb.php/142-97d2606d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。